サウンドクリエイター未経験採用の求人に応募する際の注意点

 

  • この記事を読むことで、時間と労力のロスとなるサウンドクリエイター未経験枠への応募を避けられます。
  • その結果、応募先の候補を絞れますので、対策が具体的となり、内定率も1.89倍に、上がります。

 

未経験者歓迎とある中小企業のサウンドクリエイター求人には、地元本社の中小企業を除いて、要注意!

 

 

サウンドクリエイター未経験者採用への応募は、@大手開発会社か、A地元の中小企業の求人に候補を絞ります。

 

それ以外の求人への応募は、時間の無駄になる可能性が高いからです。

 

 

 

  • 新卒と同じ条件で、最終学歴卒業の後、3年未満のいわゆる第二新卒を、未経験者採用する求人事例 大手企業にみられる傾向が強い。
  • 新卒扱いではないが、応用力のある掘り出し人材を、多数の応募の中から、選び抜くための求人事例 中小企業に見られる傾向が強い。×
  •  

    なぜ大手のように、応用力のある人間も、普通の人間も、条件を満たしさえすれば採用しないのでしょうか?

     

    一言でいえば、未経験者を育てるには、教育コストがかかるからです。

     

    未経験者は、サウンドクリエイターとしての専門用語や、共通言語が、そもそもわからなく、コミュニケーションをとることすら困難です。

     

    このような未経験者を0から、教育しようとすれば、教育ノウハウがなければ、不可能となります。中小企業には、このノウハウを構築する余裕がないのです。

     

    ただし、地元の中小企業は、地域の発展に寄与する理念のもと、地元の人を採用して育てて戦力にすることを重視する企業もあります。

     

    このような中小企業は、教育ノウハウの代わりに、先輩社員がずっと、ついて未経験者を教育する企業もあります。 

     

    雑談で未経験者を戦力に育てる企業

     

    したがって、サウンドクリエイターの未経験枠に応募するなら、@大手開発系会社かA地元の良心的な中小企業に、候補を絞り込みます。

 

 

 

大手企業や地元の中小企業の開発会社を除いて、サウンドクリエイター未経験者歓迎の求人は、意図があります。

 

未経験者の中にも、いわゆる応用力のあるサウンドクリエイターがいるので、この人材を多数の応募の中から、探し当てる意図です。

 

だから、未経験者採用枠と言わずに、未経験者歓迎と名を打つのです。多数の応募者を集め、わずかな人数の応用力のある人間を、その中から探し出すためです。

 

確率的には、全応募者の0.2%程度の割合です。

 

一見、面接で時間がとられて、このような形での募集は、非効率のようにみえます。
しかし、採用後、応用力のあるサウンドクリエイターは、時間をかけて教育しなくとも、育つので、全体的にみると、効率的です。

 

面接官が、費やす面接時間だけで、教育コストをかけなくとも、有能な人材を確保できるからです。

 

中小企業が、応用力のある一握りの人間を採用したいがため、未経験者歓迎とする原

 

任天堂のサウンドクリエイター未経験応募はこちら

 

 

 

任天堂以外の大手開発会社や地元の優良中小企業のサウンドクリエイター非公開未経験枠を探す。


 

 

 

 

 

サウンドクリエイターどこで探す?

サウンドクリエイター未経験の方も、経験者の方も、応募した企業に入社後、その研修や、福利厚生、昇給、昇格などが充実した環境が必要です。

 

幅広くかつ強いモチベーションがないと、サウンドクリエイターは、続かないからです。このような観点から、求人例の情報は、細かくみる必要があります。

 

求人情報を効率よく収集したいあなたへ

 

 

サウンドクリエイター 求人 未経験探しで失敗しない為に当サイトの情報を是非ご活用ください。

 

私は、もともとは、サウンドプログラマーでしたが、どうしてもサウンドクリエイターのしごとがしたくて、悩んでいました。
サウンドクリエイター 求人 未経験探しで、経験がなかった私にとって非常に助かった無料サービスを紹介しておきます。

 

 

時間がないあなたにとって、求人例を細かく見るのは、苦痛を伴うことだし、途中でサウンドクリエイターになることを諦めてしまうことにもなりかねないからです。

 

 

新卒・既卒双方に強いゲーム人材の完全無料情報サイト