失敗しないサウンドクリエイター 求人 新卒の選び方

この記事を読むことで、新卒でのサウンドクリエイターの求人企業の就活候補が絞れ、かつ応募などの次のアクションに出ることが、可能になります。

 

 

地元に支社が所在する、大企業の開発会社

東京支社のゲーム開発・制作会社カプコン

  • 大企業で競争率が激しい。だから、諦める!×
  • 大企業でも未経験者のポテンシャル採用があるので、詳しく調べる!

 

「地元にある大企業の支社の求人にサウンドクリエイターとして、応募しても、高学歴卒業組が多いので、敷居が高く最初から、だめなら応募する時間がもったいない!」

 

このような大企業には、確かに、地元の旧帝国大学の大学院卒業のサウンドクリエイターが、多いのも事実です。

 

ただし、サウンドクリエイターは、音響や音の効果などを、専門的に研究した結果得られるスキルというよえいも、ゲームや映画などの音楽を作曲できる能力がものをいいます。

 

大学時代にロックやレゲェ?バンドを結成して、オリジナルの音楽を作曲した経験がある方なら、それだけで、十分に応募して、採用される可能性があります。

 

 

任天堂などのサウンドクリエイターの出身大学は、高学歴でなくともOK

 

旧帝国大学大学院出身のサウンドクリエイターは、むしろサウンドプログラマーとして、採用され、効果音や演出音を担当しているうちに、作曲能力を身に着けたサウンドクリエイターです。

 

大手開発会社では、効果音や演出音を担当するサウンドプログラマーと、ゲームや音楽の曲そのものを制作するサウンドクリエイターとを職制上明確に分けて、採用します。

 

前者はあくまでもエンジニアとしてのプログラマーなのに対して、校舎は、サウンドアーティストとしての作曲家です。

 

したがって、地元に大手開発会社のサウンドクリエイターの求人があれば、狙っていくべき求人です。

 

採用の可能性があることはもちろん、福利厚生や、音楽の作曲環境も樹拾しているからです。

 

 

地元本社の中小企業は、作曲という目に見えないスキルを、雑談を通じて教えてくれる。

のゲーム開発・制作会社 あまた

  • 地元本社の中小企業は、福利厚生に薄く、ブラックな企業が多いので、応募しない!×
  • 中小企業で、雑談などを通じて、スキル上の悩みを解決してくれる会社を探す!

 

 

「地元の中小企業は、給料が安く、さらに福利厚生も、大企業の開発会社とくらべて見劣りがする。
ただでさえ、サウンドクリエイターのしごとは、ブラックな環境になりやすいので、中小企業は、避けておこう!」

 

もしこんな不安が、頭をよぎったら、ちょっと肩のちからを抜いてお読みください。

 

あなたの地元に本社のあるゲーム系開発の中小企業は、地域に支えられて活動しています。

 

もし、ブラック企業のように、地元の人材を使い捨ての商品のような扱いをすれば、たちまちうわさが広がり、その企業への人材の応募は、サウンドクリエイターに限らず、なくなります。

 

サウンドクリエイターの仕事は、感覚的要素が強い!

中には、未経験のサウンドクリエイターを、雑談をまじえつつ育てていく、優しい中小企業もあります。

 

2022年現在は、コロナ禍で、職場の先輩や、上司と飲みに行くことも、まれになりました。

 

コロナ禍以前では、先輩や上司と飲みに行くことで、その酒の上での無礼講という雰囲気の中で、なんでも聞けたのです。

 

サウンドクリエイターは、その仕事内容が、感覚的で、センスを要するものです。
マニュアルや仕様書、さらには、手順書のような、文書的な説明だけで、完成度の高い音楽の制作は、無理です。

テレワーク浸透で、質問はメール!飲み会なしの職場

 

テレワークでは、メールでわからないことを文書に起こして、聞いてきてくださいなどのやりとりが、主流です。

 

でも、このやりとりでは、サウンドの作成技術は、伝わらないのです。
リラックスした雰囲気の中で、ふぃと湧く疑問に、本当に聞きたいことが、隠れています。

 

優しいリズムで!というのは、どういう雰囲気の音楽ですか?という質問に対して、フォービートと、エイトビートが交差するようなリズムだ!と言われても、わかりません。

 

桜の唄のような、「降ってくる雪を、扇子で、受けとめるような優しい雰囲気のリズムだよ」と言われて初めて、イメージが湧いてくるのです。

 

こういう会話は、酒の席か?雑談のときに、先輩社員や、上司が、ふと、漏らす発言なのです。

 

雑談を積極的に、職場の中に、取り入れる中小企業や、新しい試みで、失敗した社員を朝礼で積極的に褒める中小企業もあります。

 

ただ、残念なことに、こういう職場の空気は、就職課の求人情報だけからは、わからないことが多いです。

学校の就職課の情報だけでは、限界が!

 

また、学校の就職課の情報では、先輩社員が、いる、いない!といった情報くらいです。

 

学校の先輩を頼って、就活しても、自分の会社を悪くいう人はいないですから、職場の本当の雰囲気が、わかりにくいまま応募企業としてしまう就活生が、ほとんどです。

 

その結果、7割近い新卒社員が、5年以内に最初の会社を辞めることになります。

 

 

 

職場の雰囲気を調べて、裏表隠さず、教える新卒専門の無料人材紹介

 

 

 

第二新卒だけど、サウンドクリエイターどこで探す?

サウンドクリエイター未経験の方も、経験者の方も、応募した企業に入社後、その研修や、福利厚生、昇給、昇格などが充実した環境が必要です。

 

幅広くかつ強いモチベーションがないと、サウンドクリエイターは、続かないからです。このような観点から、求人例の情報は、細かくみる必要があります。

 

 

最終学歴の学校の就職課には、なかなか顔を出しにくいというあなたへ

 

 

サウンドクリエイター 求人 新卒探しで失敗しない為に当サイトの情報を是非ご活用ください。

 

私は、もともとは、サウンドプログラマーでしたが、どうしてもサウンドクリエイターのしごとがしたくて、悩んでいました。
サウンドクリエイター 求人 新卒探しで、経験がなかった私にとって非常に助かった無料サービスを紹介しておきます。

 

 

時間がないあなたにとって、求人例を細かく見るのは、苦痛を伴うことだし、途中でサウンドクリエイターになることを諦めてしまうことにもなりかねないからです。

 

 

新卒・既卒双方に強いゲーム人材の完全無料情報サイト